より良い品質を使いこなす

トナーについてや純正がいいわけ

近年パソコンはビジネスで欠かす事の出来なくなっています。それと同時にデータを印刷する為のプリンターも欠かせなくなっています。プリンターに必要不可欠なのがトナーです。トナーとは粉状のインクのことで静電気を利用することで紙に転写させて熱によって定着させることで印刷をしています。トナーのメリットは、再生紙などの品質があまり良くない紙にも印刷が可能なこと、大量印刷の場合はコストが安いこと、印刷が速いことなどです。デメリットはインクに比べると単価が高いこと、高画質の印刷には向かないこと、1年以上長期保存するとトナー成分により不具合になりやすいこと、光沢紙やコーティング紙には印刷ができないことなどです。
トナーには純正と非純正があります。純正はメーカーが指定しているもので品質もよく、トナーが原因で故障してもメーカー保証が対象となります。非純正トナーは値段が安いですが、品質が安定しなかったり、メーカー保証の対象外となります。値段が安いのは魅力的ですが、印刷が悪かったりプリンター自体が壊れやすくなったりといった原因にもなります。プリンターが壊れてしまうと保証がありませんので買い替えとなってしまいコスト重視のトナーの意味がなくなりますので出来るだけ純正トナーを使用するようにしましょう。

カラートナーが切れても印刷できるプリンタ

プリンタを使っていて困るのがトナー切れです。やはり使う色には偏りがありますから、どのトナーが切れるかは自分の使い方を考えてみるとすぐにわかるでしょう。しかし、よく交換するトナーは多く持っていても、なかなか交換しない色については補充を怠っていたりするものです。そういう時に一色だけトナーが不足して、そのために印刷ができないなら大きなストレスになってしまいます。こういう時のために、知っておきたいのがモノクロ印刷のできるプリンタを選んでおくことです。
通常、カラープリンタではモノクロ印刷のようにする際にも、カラー印刷をする前提でトナー残量をチェックしており、トナーが不足している色がひとつでもあれば印刷ができなくなります。モノクロ印刷ができるプリンタは機種によって決まっていますので、それをあらかじめチェックしてから選んでおくと、文字だけの印刷の場合はカラートナーが不足していても印刷することができます。
モノクロ印刷とカラー印刷は設定上の切り替えが必要になりますので、設定を戻し忘れないように気を付けてください。もちろん普段からトナーの予備に注意しておくことは必要ですが、いざと言う時のためにこういった機能のあるプリンタを選んでおくと便利です。

新着記事リスト

2017年08月22日
オススメしたいトナーの種類を更新しました。
2017年08月22日
より良い品質を使いこなすを更新しました。
2017年08月22日
使い勝手とコストを考えるを更新しました。
2017年08月22日
一般的なトナーの仕様を更新しました。

Copyright(C)2017 通販サイトを利用してお得なインクトナー購入する知識 All Rights Reserved.