使い勝手とコストを考える

トナーやインクのカートリッジとは

コピー機や複合機にはインクカートリッジ型とトナーカートリッジ型があります。業務用でなければ意識して選ぶという人はそれほど多くないと思いますが、知っていると選ぶ際に良い選び方ができると思います。インクもトナーも、印刷をする際に必要なものです。そのインクやトナーを保管し、そして印刷の際には適切に供給するのがカートリッジと呼ばれるものです。
同じようなものでも、インクは液体であり、トナーは固体であるという大きな違いがありますから、この違いについて理解していると、全く別物だとわかります。実際、コピー機や複合機は大きく分けてインクジェット方式とレーザー方式の2つの印刷方法を持ちますが、インクジェット方式ではインクカートリッジが、またレーザー方式の複合機やプリンターではトナーカートリッジが用いられています。
基本的にカートリッジはトナーカートリッジの方が大きくなる傾向があり、大量印刷などの際にはコストが安くなります。一方で大容量の分、カートリッジの単価は高くなりますので、使用頻度によってはあまりコストメリットは出ない場合もあります。また、トナーの場合にはドラムユニットという別の消耗品もありますので、よほどの印刷ニーズが無い場合には高くつくことの方が多いです。インクカートリッジでは発色がキレイに出るという反面、紙で印刷の質が変わりやすいです。トナーは比較的安定した品質を出せることもメリットです。

コストパフォーマンス

レーザープリンタは昔は高価な印象がありましたが、最近はずいぶんと一般家庭にも普及してきたように思えます。レーザープリンタでは、感光体にレーザーで印刷イメージを描き、トナーを付着させて印刷させるということをしています。レーザーで絵や文字を書いていると思っている人もいますが、残念ながらそうではなく、レーザーでは受信したデータから印刷用の環境を作っているだけです。
レーザープリンタでは、印刷は静電気などを利用して、トナーと呼ばれるミクロサイズの粉を紙に着け、それを熱で定着させることによって印刷を行います。そのため、レーザープリンタで印刷された紙はややホカホカしているはずです。この熱が無ければトナーが定着せずに印刷トラブルが生じるのです。レーザープリンタの長所は、印刷速度が速いことで、また転写したトナーは定着性が高く、インクジェット方式のように印刷後に他の紙に色が移ってしまったりすることがほとんどありません。
また、印刷の耐久性が高いこともメリットとなります。レーザープリンタはコストが高いという話もありますが、本体やトナーカートリッジが大型なために初期費用は掛かるものの、大量に印刷をするのであればむしろコストパフォーマンスはよいとされています。難点としては、大型の機械が多く設置スペースを取ることです。この問題も徐々に改善しつつありますが、なかなかインクジェットに並ぶには至らないようです。

新着記事リスト

2017年08月22日
オススメしたいトナーの種類を更新しました。
2017年08月22日
より良い品質を使いこなすを更新しました。
2017年08月22日
使い勝手とコストを考えるを更新しました。
2017年08月22日
一般的なトナーの仕様を更新しました。

Copyright(C)2017 通販サイトを利用してお得なインクトナー購入する知識 All Rights Reserved.